駐車場のおおまかな種類と特徴

駐車場とはひとくちにいっても、実際に街なかにあるものを見渡してみると、かなり多様な種類があることがわかります。そのようななかでも、ざっくりと種類を分けるとするならば、平面駐車場と立体駐車場という、ふたつの種類が存在しています。平面駐車場というのは、土地に建物を建てずにそのまま自動車が駐車できるスペースを区画したもので、もっとも単純なつくりであるといえます。砕石を敷いただけのものから、アスファルトで舗装をしているものまであり、市街地にあるものについては、無人化されてゲートと料金徴収機が出入り口付近に設置されているものも多いといえます。

いっぽう、立体駐車場というのは、駐車するスペースを多く確保するために、土地に建物を建てて、その建物の内部を駐車スペースとしているものを呼んでいます。建物の出入り口にスロープのようなものが設置されており、自動車に乗ったまま建物内を移動して、空いている駐車スペースに駐車する自走式のものと、建物内に自動車用のエレベーターのような機械が設置されており、オペレーターが操作して自動車を建物の上の階層まで移動させる機械式のものがあります。このようにさまざまな種類があるのは、土地の形状や面積、都市計画法上の規制などによって建物が建てられるかどうかといった違いがあることに加えて、初期投資としてどの程度の費用を捻出できるかという土地のオーナーや経営者の事情などがあるためです。立体駐車場のことならこちら